06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

sweet bitter * sweet*

 みゅうです。 人生楽しく、明るく、前向きに♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

途上国の医薬品アクセスと知的財産権保護 

    ここ最近、「知的財産権」なるものについて、
  ちまちまと 調べたり勉強したりしています。


    本


   ここ最近 読んだ本の中でも

  『知的財産権のグローバル化~医薬品アクセスとTRIPS協定~』

  (著者:山根裕子 / 岩波書店)

  が いろんな面からこの問題を紐解いていて、
  初心者には 関心を持つきっかけになりそうな本でした。


   研究開発型の製薬会社が
   数100億とも言われる研究開発費の「元をとる」ためには、
   開発した薬剤を売った“売り上げ”から利益を得るだけでなく、
   自社の開発した物質や技術に特許を申請することで
   知的財産権の保護を得、
   悪戯な模倣や質の伴わないコピー品の市場への流出を防ぎ、
   さらには、
   パテントによる収入を得ることでも利益をあげなければならない。

   企業は、
   そうすることで 次なる研究開発へと投資する資金を得る。

   drug

  しかし、この「知的財産権の保護」が
ひとたび海を越えて 医薬品輸出先国(特に発展途上国)でも
行使されてしまうと、
患者の医薬品へのアクセスを妨害する障壁になってしまう。

なぜなら、
医薬品研究開発の先進国
(アメリカ、スイス、フランス、イギリス、日本、ドイツのみ)
以外の後進国では、

①品質の保証されない医薬品が流通している

②医療制度が整わず、政府も様々な理由から
 こういった制度の整備に積極的でない。

③患者自身も薬の服用に関して 十分な知識を持たない

これらの理由から、
エイズのような死に直結するような病に苦しむ人が
先進国の医薬品メーカーの販売する高値の治療薬にアクセス
できない、という事情があり、

他方、売る方の先進国も

①技術革新のペースが非常に早いことから
 投資的にも人材的にも キャッチアップが後手後手に
 まわりがち。

②後進国における①、③の理由から
 耐薬性を持つウィルスや菌が生まれてしまう
 (これらは感受性ウィルスよりも早く増殖し、
  多額の費用と年月をかけて市場に出したはずの製剤が
  すぐに効かなくなってしまう。)

という主な理由から
知的財産権は保護せざるを得ない。


もともといたずらな模倣を防ぎ、イノベーションを推奨するために
採択されたはずのTRIPS協定。

 この本の中では、
途上国でのエイズ治療薬へのアクセス問題をきっかけに
知的財産権の保護の是非を問う議論が紛糾し、
TRIPS協定とWTOとの紛争を経て
柔軟性を持たせる方向へと転換していく過程を、
そもそもの
「特許は医薬品アクセスを妨げているのか?」
という根本的な問題も含めて
現在に至るまでの経緯、これからの問題点までを描いています。

e-drg 


おお!!
と思ったのは、
TRIPS協定の転換点、
“ドーハ宣言”
【WTO加盟国が国民の健康を守るための措置として、
強制実施権を発動して医薬品を製造する権利を認める】
が採択されるに至ったのは、
一般理事国の委員が 各国に積極的に働きかけていったのが
きっかけであった、という点。

 各国の思惑や多国籍企業の利益、加盟国によって異なる法規制、
がんじがらめのような状況のなかで
「だから ムリ。」
で終わらせずに
ほんの少しずつでも 前進して、好転させたいと願う人がいて、
よりよい方向に事態を促進・調整していく人がいるというのは
素晴らしいですぴかぴか(新しい)

ドーハ宣言から 7年。
今でも 色んな方面で問題は現在進行形で、
一昨年、そらから昨年と ノバルティスがインドで訴訟を起こしています。
https://www.msf.or.jp/news/2006/12/1021.php

 しかし、今年の2月には
グラクソ・スミソ・クライン社(GSK)が、
抗HIV薬であるアバカビルAbacavir、
さらには
アバカビルを配合した三剤併用薬である
トリジビル Trizivirのインドにおける特許申請を
取り下げることを決定しています。

 この本の内容も、この問題の内容も
フクザツで難しすぎて、私には理解するのも
ここにまとめることも出来ませんが・・・・・

 興味のある方は この山根裕子さんの本、
読んでみてくださ~い!!




スポンサーサイト

Posted on 2008/08/20 Wed. 21:45 [edit]

category: 心のカタチ。

thread: ひとりごとのようなもの  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2

20

コメント

杏さんへ☆ 

 杏さ~ん~~v-10v-238
お元気でしたか~???

 この問題、とても難しく、背景もフクザツで
わたしもまだまだ勉強不足で。。。
この本は、著者の主義・主張というよりは、
事の経緯を 淡々と追っていっているので
それだけに 様々な事実や問題点がはっきり
読み取れるようになっている気がします☆

 杏さんに真摯に興味を持って戴いて
うれしいですー。

 季節の変わり目ですので、お身体
御自愛くださいね♪♪

URL | みゅう #TY.N/4k. | 2008/08/29 12:14 | edit

みゅうさんへ 

こんばんは♪
いつも気にかけていただき、感謝しています。ありがとうございますm(_ _)m
とても。。
難しい問題で、うまくコメントすることができませんが、深く深く考えなければいけない問題だと思っております。
この本、近いうちに読んでみますね~*

URL | 杏 #QvfgIWC6 | 2008/08/28 19:51 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://gaigerin.blog60.fc2.com/tb.php/207-b6694a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。