FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

sweet bitter * sweet*

 みゅうです。 人生楽しく、明るく、前向きに♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

韓国ドラマ『魔王(Mawang)』を見終わって2~가슴이 아프다(胸が痛い)~ 

  韓国ドラマ『魔王』を視聴し終わって
 どこかに 気持ちを出してしまわないと 哀しくてやりきれなくて
 ブログに 記事“韓国ドラマ『魔王(Mawang)』を観終って1”を書いてから
 1ヶ月。。。。。

  じつは、じつは、
 まだ 『魔王』で受けた精神的ダメージから
 復活できていません~409

  仕事をしていても、
 ふとした瞬間に『魔王』の世界に引き戻されてしまって。。。。
  スンハとオスの、
 一生懸命だったけれど、不条理な人生を思ってしまいます406 
  ブログを更新してないのも
 そのへんのへこみっぷりが 原因?!(サボってるだけ~?!)

 

胸に手をスンハ


 衝撃の結末を うっかりyoutubeで観てしまったネタばれMVのせいで
知ってしまっていても、
演じているのが まだまだ微妙な演技力のジフニでも
胸が痛くて、苦しくて、切なくて。

  最後の最後まで、
 「トンネル」から抜け出せなかったスンハ。

  彼を支えようと、一緒にいようとした人は
 大人になった彼の周りにたくさんいたのに、
 15歳の時のまま、凍った心で暗いトンネルにいる彼には
 先に進む気力も 残っていなかったのかもしれません。

   兄と母を立て続けに失ったあと、
 どん底の生活を這いつくばるように一緒に生きた親友スンハすら事故で失い、
 孤独に生きてきた彼には、
 自分が仕組んできた一連の事件を責める人はいても、
 まさか
 自分の苦しみや人生を思って 涙を流したり、胸を痛めたり、
 ましてや
 そんな自分を あたたかく待ってくれている人がいるであろうことなんて、
 予想できなかったのでしょう。

 
 

苦しいスンハ




***********************************************************************************************
 スンハがボランティアをしていた教会で子供たちに読み聞かせ、
 ヘインにも話した
 「トンネルの中で岩になった兄の話」(原題『トンネル』)

 これは、無意識に
 ヘインに助けを求めたスンハが話した寓話というだけでなくて、
 カン・オスの起こした事件をきっかけに、
 スンハの周囲で起こった悲劇に対する
 スンハの傷つき過ぎた心の象徴の話だったような気がします。
トンネルの絵本

 「兄が嫌いだった妹の後悔」
 

 カン・オスに殺された優秀な兄テスンばかりを
 かわいがる母を見て、
 テソンは いつも寂しかったのでしょう。
 「死」という形でなくても、
 「兄のテフンがいなければ・・・」と心のどこかで
 願っていた自分に対する自己嫌悪が
 実際に、兄が消えてしまったことで強烈に
 スンハ(テソン)の意識に刻まれてしまったことの象徴?

 「トンネルの入り口で迷っている妹」
 

 兄テフンの死後、心身喪失状態で交通事故に
 遭ってしまった母親を 目の前で失ったテソン。
 道路にフラフラと飛び出す母親を
 救いに飛び出さなかった一瞬の自分の迷いを
 きっと、ずっと心の中で責めて生きてきたのでしょう。

 兄を、事故にしろ故意にしろ死なせたカン・オスへの憎しみや
 お金や社会的な権力を利用して兄を加害者に仕立てて
 その結果、母親をも死に追いやった世間への
 憎しみと同じくらい、
 スンハは 自分が嫌いで、
 そこに 今まで起こしてきた自分の仕組んだ事件の結果への後悔や贖罪の意識も加わり。。。
 だから ヘインや周囲の人々の言葉に心揺れても
 自分を幸せにする道を選べなかったのかも。
 そんな幸せを選択することは
 彼自身の正義感も責任感も 許さなかったのでしょう。

  でも、そんなスンハ(テソン)の本当の性格があったから、
 大人になった彼は 実は多くの人の愛に囲まれていたのだと思います。
************************************************************************************************************

 
 スンハが、実は オ・スンハという名の人物ではなく、
 オスに殺されたチョン・テフンの弟テソンで、
 オ・スンハを名乗り、弁護士としての顔の裏で
 復讐劇を裏で操るシリアル・キラーなのでは?
 と疑われ始めてからも
 意外なほどに多くの人が スンハの苦しみを理解し、彼を守ろうとしたのに、
 頑ななスンハは 最後まで孤独を選択しました。

 まあ、それくらい頑固な性格で
 高い目標達成能力を持ってるからこそ、
 12年もの年月と自分の人生をかけて復讐していったわけだけど、
 すぐそばにある幸せに 敢えて目を向けず、そこから目をそむけて
 自分の人生を終えてしまったスンハ。

  omoni?ring


 彼自身が言っていたように、
 「時に人は その欠点ではなく、
  最大の美点ゆえに 身を滅ぼすことになる。」

 ことになってしまったスンハ。

 ~姉スンヒ~

  交通事故で死んだ自分の弟スンハと
 入れ替わり、目の見えない自分をずっと欺いて
 弟と偽って来たテソン。
 弟スンハは ずっと昔に死んでしまっていた
 という真実がわかってからも、
 姉スンヒは テソンを
 「かわいい弟」と呼び、警察の捜す証拠USBチップすら消して
 スンハを守ります。
 
  うすうす弟スンハではないと感じていた、という姉。
 目が見えないかわりに、
 人の心が良くわかるみたい、という姉スンヒ。

 「あなたは誰よりも優しい子。
  会う度に 罪悪感にさいなまれるあなたを
  見るのがつらかった。
  
  どうしてスンハとして生きなければならないかも、
  警察が来た理由も聞かない。
  だって、あなたは、私のかわいい弟だもの。」

 「暗い過去ではなく、
  幸せなことを考えて毎日を過ごしてほしいの。
  約束して。
  出来るでしょう?」


 ~兄と慕うスゴン~

  栄養失調で行き倒れた16歳のスンハを
 助けて病院へ連れて行ったスゴン。
 その後、
 弁護士になったスンハが出資したお金で
 今は農場を営む幸せを手に入れたヒョン。
 「兄さん(ヒョン)」「弟」と呼び合い、
 恋人未満(?)のヘインを紹介し、家族のようだったヒョン。

  「ヘインさん、
   あいつを助けてやってください。
   スンハは無口だし、感情表現が下手だから。」

事務長とスンハ


 ~グァンドゥ事務長~

  12年前の事件に刑事として関わったのに、
 弟テソンの存在に無関心で
 彼を 復讐の道に走らせた自分を悔やむグァンドゥ事務長。

 「理不尽に兄を失い、
 貧しさから泣き寝入りするしかなく、
 その後
 後を追うように母親も死んでしまった。
 孤児同士の両親だったテソンの家庭には
 幼い彼が頼る大人もいなかった。
 彼の経験した苦しみと孤独は
 彼にしかわからないでしょう。

 世間への復讐を選んだ彼を
 私は責めることはできません。

 あの事件にかかわっていたあまりに多くの大人が、
 幼い彼に関して 余りにも無関心だった。
 私も含めて。。。」
 
 と姉スンヒに苦しい後悔と気持ちを打ち明ける事務長。

 最後には、
 スンハ自身に、
 「あなたの選んだ道は間違っている。
  それでも、
  わたしは あなたのそばにいます。
  例え、『出て行け』と言われても 傍にいます。
  いつか、
  あなたが私を必要とするときのために。」

 ~恋人(?) ヘイン~

  何度も何度もスンハに冷たく拒まれても、
 ひどい言葉を投げかけられても、
 ヘインは あきらめなかった!!!!!


兄さんの農場

 
 すごいガッツパンチです!
 単なるかわいい、純粋なだけの子ではなかったヘイン。

  教会で「トンネルから出てきて」
    ↓
    ↓
  笑顔で スンハの家まで訪ねて行き、
  再び説得
  「暗闇に閉じ込められていたら、暗い夢しか見れない。
  幸せになれない。」
  さらに
  な~んと スンハをビンタ手(パー)
  「自分が一番苦しくて、苦しくても辞められてなくて悲しいくせに、
   どうして心にもないこと言うの?」

    ↓
  
  スンハに綺麗な青空の写真を写メール
  
    ↓
  教会で会ったときに
  「優しい人の想いがこもった笛だから
   効果があるんです。
   私を呼びたくなったら吹いて。
   どんなに遠くても聴こえるの。」
  と防犯用の笛を手渡す
    ↓
  スンハの事務所まで 手紙と花の鉢植えを届ける

   『あなたは、「僕が怖くはないか?」って
   聞いたけど、
   私は あなたが どんな姿でも怖いなんて思わない。
   だって、
   一緒にたくさんの時間を過ごしたい人を
   怖いなんて思わないでしょう?

   あなたと一緒にやりたいことが
   たくさんあります。
   
   晴れた日に 公園を一緒に散歩したいし、
   雨の日には、屋台でお酒を呑みたい。
   それから、
   お兄さんの農場に一緒に行って、
   ソラやハヌルと一緒に 畑でじゃがいもを掘るの。
   そのじゃがいもで 一緒にチヂミを作って食べたい。
   素敵なカフェで
   あなたと一緒にお茶したいし、
   クリスマスには 一緒に教会にミサに行きたい。
   そして、
   来年の春には、
   あの時 お兄さんの農場に植えた水仙の花が
   咲くのを、あなたと一緒に見たいです。』

 ヘインの手紙

 ヘインのあたたかい想いのこもった手紙を読んで、
 「本当に そんなことが出来るかな?
  ・・・・・許されるのか?」と
 涙を流すスンハ。

  書かれている内容は とてもささやかな幸せだけど、
 楽しそうなことばかりなのに、
 こんなに悲しいラブ・レターを見たのは
 初めて。 
 スンハの心もぐらぐら。
 私の涙と鼻水もだらだら。

  自分のためじゃなく、
 母親と兄のための人生を選んでしまったスンハの生き方。

  そんなスンハの犯してきた罪を責めたりせずに、
 スンハを受け止めようとしたヘイン。

 「あなたの歩んできた人生を思うと
  とても胸が痛い。
  そして、誰よりもあなたが一番苦しんでいるのも
  わかっています。」
 と 全てを受け止めたうえで、
 「あなたが 誰かに傷つけられそうで、
  私の前から 消えてしまいそうで怖いんです。

  あなたが幸せじゃないのがつらいんです。

  勇気を持って
  その道を引き返して来て。」
 
  “一緒にしたいことがたくさんある”大事な人、
 スンハを一生懸命助けようとしたヘイン。

 暗闇に閉じこもるスンハの心に
 世の中の 明るくて、温かくて、幸せなものを
 一生懸命届けようとしたヘインの手紙。
 きっと、
 あの「手つなぎブランコのデート」も
 泣きたい気持ちを抑えて 必死に頑張ったヘイン。


笑顔のスンハ


  ヘインとのデートのあと、いつもの灯りを落とした暗い部屋ではなく、
 明るい部屋で 幸せそうな顔をするスンハ。
 あの12年前の事件以来、
 初めて スンハの脳裏から 母親と兄のことが消えた日。

  このデートの前に、
 スンハにとっては 一番知られたくない人(ヘイン)が
 一番知られたくないこと
(自分がチョン・テソンであり、一連の事件の首謀者であること)
 を知ってしまうのです。
 自分の好きな人が シリアル・キラーであるという酷い事実を知ったあとも、
  ヘインは スンハがこれまで歩んで来るしかなかった孤独で苦しい人生を思い、
 スンハに明るい温かい世界の幸せを見せようと、
 「手つなぎブランコのデート」に連れ出します。

 
 ヘインと過ごす時間に幸せを感じても、
 カン・オスへの復讐に 虚しさを感じ、
 
カン・オスを心のどこかで許している自分を感じても、
 無残に死んだ兄や母を想うと 自分を止められないスンハ。
 さらに、
 これまで
 故意に状況を作り上げ、KEYになる事柄を提示することで
 人の心を操って来たスンハのコントロール外のことも次々と起こります。

 幸せへの道じゃなくて、
 ブレーキを失ったまま あのショッキングな結末へと
 結果的に自分を導いてしまったスンハ(テソン)

 計画に利用したヤクザものの言った
 「その賢い脳みそを 過信するな。」
 の通り、
 スンハのコントロール外の事態が次々と起こり、
 覚悟していたはずの
 罪の意識や後悔、母や兄への愛情、カン・オスへの複雑な感情の変化
 大好きなヘインへの愛情と現状のギャップもスンハを押し潰し、
 最後の時を迎えることに。

   このドラマ『魔王』のラストについては
 私は 語るべき言葉が 今も見つかりません。
 これしかなかったのかもしれないけれど、こうであってほしくはなかった。
 
   1ヶ月以上も前のことなのに、
 心のどこかが ズキズキと疼いて、どんな言葉も慰めにならない、
 そんな心境です。

   
 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Posted on 2008/03/13 Thu. 08:37 [edit]

category: 日々のできごと.

TB: 0    CM: 6

13

コメント

 

にゃ~にさんへ☆

 ドラマだとわかっていても、
演じているのも知っている俳優さんだとしても、
私は ちょっと凹んでしまいました・・・(;_;)
もともと涙腺がゆるいタイプなのも
あるんですけど(笑)
重たいテーマのドラマですが、笑いもホッとする
シーンもあります(^○^)
良い作品だけど、凹ませるとわかってて
すすめるのも・・・(ーー;)
 シューベルトの『魔王』、学校で習いましたよ~♪
あの音楽を聴くと、
すごーく“追いかけられている気分”になります!!
にゃ~にさんの教育実習の曲だったのですね!!!
もう何年も聴いていない気がするので、久しぶりに聴いてみます☆

URL | みゅう #TY.N/4k. | 2008/03/17 08:28 | edit

 

みゅうさんをそこまで虜にさせたドラマ、見てみたいような、怖いような・・・

『魔王』って聞くとシューベルトの歌曲、魔王を思い出します。
学校で習った方も多いと思いますが
これも初めて聞いたとき、かなりな衝撃を受けました☆
教育実習で授業をした曲でもあります~

URL | にゃ~に #OvZ4M5no | 2008/03/16 00:29 | edit

 

チェリーさんへ☆

 平気で人を凹ませるラストを用意してる
韓国ドラマって。。。。(涙)
心が動かない人生なんて
つまらないと思うので、ここまで感動出来る
秀作ドラマに出会えて良かった、
と思う反面、
ここまで 精神的ダメージを食らうと
ちょっと 『娯楽』の域を超えてるな、
とも思います。。。。(ーー;)

 『魔王』そちらでDVD手に入りにくいと
思うので、
2話までですが youtubeの日本語字幕の
アドレスを貼っておきますね。
全20話と長いうえに
伏線だらけのジグソーパズルドラマなので
チェリーさんの好みに合うか
わかりませんが、
サスペンス・ドラマです。

 日本の公式サイトは
 http://www.so-net.ne.jp/adtv/DevilEmpress/

 なので、
 観れそうなドラマかサイトをどうぞ~☆


 http://www.youtube.com/watch?v=1hAzkwcsjKY
   ↑
  Ep.1の1/7です。
 1話が7つの動画に分かれてまーす☆
 2/7、3/7とたどっていってくだいね~♪

URL | みゅう #TY.N/4k. | 2008/03/16 00:01 | edit

 

Kalakaさんへ☆

 危ない・・ですね(^^ゞ
チュ・ジフンの2作目ということで
すごく軽い気持ちで観始めたんですけどね^^;
脚本の力というか、
ぐいぐいと引き込まれていきます。
韓国では「魔族」なるファンもいるそうで。。

 ブログは 日記のようなもので、
今の私が感動したことも 嘘偽りなしに
書いておこうと思って、「魔王」のことも
書きました。
決して 感動や共感を押し付けているわけではないので、ドン引きさせてしまったらすみません(汗)

URL | みゅう #TY.N/4k. | 2008/03/15 23:47 | edit

 

どっぷりハマっちゃってますね。
ここまで心に残るドラマって、良くも悪くもスゴイ出会い!
『魔王』はみゅうさんに初めて教わった韓国ドラマですが、ちょっと見てみたくなりましたよ。

URL | チェリー #pprjMJPo | 2008/03/15 23:24 | edit

 

ちょっとぉ~
入り過ぎてますね・・・・・
大丈夫っすか?
危ないなぁ~

URL | Kalaka #y7eiGckU | 2008/03/15 15:31 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://gaigerin.blog60.fc2.com/tb.php/175-13b1baee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。